ペニス増大サプリの効果と性能を徹底捜査

ペニス増大サプリの副作用【絶対安全とは言えない注意点】

ペニス増大サプリ研究

ペニス増大サプリの副作用は、飲んだことない人間が抱く疑問であり、実際に飲めばペニス増大効果は別として健康に効果的なことがわかる。
ただし、全てではない。飲用する上での注意点もある。
副作用の症状や副作用に注意しなければならない増大サプリなどをまとめます。

ペニス増大サプリを飲む上で注意すべき点(使用上の注意)

ペニス増大サプリを飲む上で注意すべき点(使用上の注意)

  1. 服用している薬と同時に飲用する場合は、必ず医師に相談する
    食品といえども他の一般食品よりも体に対して何らかの変化をもたらします。
    そこで薬と飲むことによる変化は想定外になりますので、同じ時期に飲用する場合は、医師または薬剤師に確認をしてください。
  2. 定められて容量を厳守する
    毎日継続的かつ適量の飲用で、サプリメントの有効成分が最大限の効果が期待できます。
    逆に、1回の飲用で大量に飲むとモノによっては効果がアップしますが、過剰摂取は確実な情報がない限り控えましょう。
    最初は必ずパッケージや取扱説明書に掲載されている飲用方法を守りましょう。
  3. アレルギー反応する配合している原材料があるか確認する
    食品アレルギーの方はご自身が持つアレルギーが反応する原材料(食品)が含まれていないか必ず確認しましょう。
  4. 子供、妊婦、産後の女性には飲ませない
    子供は成長に、妊産婦は胎児や乳児に影響を与える可能性があります。
    ペニス増大サプリメントは成人男性のために開発されたものなので、飲用は避けてください。

上記を厳守すれば、ペニス増大サプリの飲用は何ら問題はありません。
副作用など一切恐れず、飲用後の効果を期待しましょう!

そもそもペニス増大サプリは健康食品

そもそもペニス増大サプリは健康食品
国内で「ペニス増大サプリ」として販売されているものは医薬品ではありません
食品の分類です。それぞれの商品のパッケージの記載を見てください。
例えば、頭痛薬であれば、「解熱鎮痛薬 第2医薬品」と記載されていますがペニス増大サプリは

  • グライバル-アミノ酸・動植物加工食品
  • ボルギア3-トンカットアリ含有植物エキス加工食品、馬エキス含有動物エキス加工食品、L-シトルリン、L-アルギニン含有食品
  • GNT-α-α-GPC含有加工食品
  • ヴォルスタービヨンド-L-シトルリン含有食品
  • ヴィトックスα-トンカットアリ含有植物エキス加工食品、馬エキス含有動物エキス加工食品、L-シトルリン、L-アルギニン含有食品
  • ゼナフィリン-アミノ酸・動植物エキス加工食品
  • バリテイン-L-シトルリン含有食品
  • ゼファルリン-L-トリプトファン含有加工食品、L-シトルリン含有加工食品
  • シトルリンXL-シトルリン含有食品

となっています。
国内販売のペニス増大サプリは全て食品に分類され、配合成分も食品として扱うことが認可されたものだけで製造されているため、副作用など一切発生することはないのです。
ちなみに、ペニス増大サプリだけでなく、国内で販売されている健康食品は全て商品の扱いになりますので、どうぞ安心して飲用してください。

ペニス増大サプリの副作用

ペニス増大サプリの副作用
食品の部類であり、基本的な注意事項さえ守れば副作用など気にする必要はないという事だが、100種以上のサプリを調査した当局としては付け加えたいことがいくつかある。
100種以上、全てが健康的な効果、または実感があったわけではなく、少数だが副作用があるものも存在した。
それらにはちゃんと共通点があった。全てというわけではないが可能性として注意しておくべき。

ペニス増大サプリの可能性のある副作用の症状

  • 頭痛
  • 腹痛・下痢
  • だるさ、重さ

副作用があると言ってもこれくらいだ。
そのレベルも大したものではない、自分の体調にも左右されるだろう。
なので一応、風邪とか重度の二日酔いとか体調が優れない時は飲まない方がいいだろう。
飲んでも増大サプリとしての効果が十分発揮されないだろうし。

副作用が出る可能性の高い危険ペニス増大サプリ

副作用が出る可能性の高いペニス増大サプリ
では調査上でも、成分構成上でも副作用が出る可能性の高いサプリは

  1. 動物系成分中心
  2. 成分数が10種以下
  3. 1日の飲む錠数が多い(6錠以上とか)

まず動物系成分は増大や勃起効果の核であり精力効果が高まる成分だが、その分体への負担も大きくなる
アミノ酸、植物系(精力効果以外の)、ビタミン・ミネラルで緩和する必要があるので、ほぼ動物系で構成されてるものには注意だ。
またこれらの成分の役割は緩和し健康度を高めるだけでなく、成分同士が混ざり合って起こる相乗作用によって結果的に増大や勃起等の精力効果も高める

動物系中心、かつ成分10種以下だと緩和する成分が足りないと判断できるので、成分の少なさというのも1つの目印になる。
どんな構成であれ成分数60-100種以上の高スペックサプリに全ての面で劣っている。

上記(動物系、またはほぼ精力成分中心で)にプラスで、1日に飲む錠数が多くなれればそれだけリスクは高まる。
ただ、健康メインのサプリとかは気にしなで良いし、
増大サプリでもグライバルやボルギア3などの高性能であれば、サプリ同士の飲み合せや用法超えで飲むという効果アップの技もある。

コメント