仮性包茎も真性包茎も自分で治せる?人には聞けない悩みを解決する秘訣を紹介します

陰茎は、個人差によって形や状態が異なっている傾向が強いです。
特に、日本人は仮性包茎の人が多い現状が存在し、それをコンプレックスに感じている人も少なくありません。
真性包茎の場合も同様であり、他人に対して相談をすることが恥ずかしいと考えている人が多く、自分自身で治療できないかを模索することも多い実情です。
こういった、人には聞けない悩みを解決するときに重要なのが包茎に関する正しい知識を得ることです。
自力で改善できる可能性もありますが、そうではないときにも正しい対処をとることが重要なのでまずはその点を理解していくことから始めることです。

仮性と真性の違いを把握することが重要

仮性包茎と真性包茎は、病状からして大きく異なります。
一般的に、仮性は勃起をするときちんと亀頭が露出して状態を把握できるものです。
自分自身の力で包皮をめくることができますので、衛生環境の面でも実は大きなトラブルに発展する可能性は低いです。
一方で、真性包茎の場合はれっきとした病状として認識されるもので病院で相談をすれば保険診療の範囲内で治療を行ってもらえるケースも存在します。
真性の問題点は、勃起をしたとしても亀頭が全く見えないという点です。
何らかの原因で包皮をめくることができないので、亀頭が見えない状態になっており、中の衛生環境も悪化している可能性が十分に存在します。
仮性も真性も、その人の生活環境や遺伝的な性質が影響していることが多いのがポイントです。
ただ、包茎という事実から本人が深刻なストレスなどを感じているときにはどちらであっても真剣に考えなくてはいけないことに変わりありません。
もちろん、本格的な医学的な治療を行うときに対応が違うのも事実です。
包茎とはいっても、自力で包皮をめくることができるのとそうではない場合では、生活状態からして大きく違います。
そのため、まずは自分がどちらに該当しているのかを確認することです。

包茎は自力で直せるものとそうではないものがある

一般的に、仮性包茎の場合は自力で状態を改善していくことは十分に可能です。
仮性包茎で問題になるのは、実際の性行為を行うときに早漏になる可能性が高く、それがコンプレックスになってしまうことが多い点です。
仮性の人は、包皮の状態によって亀頭を十分に露出させることができないことから、普段はその部分が見えていない状態です。
言い換えれば、普段から刺激を受けることがないので早漏になりやすい難点も存在します。
一方で、自力で包皮をめくることができたり勃起をしたときにきちんと亀頭が見える状況の場合は、その状態を何度も経験することで包皮がめくれやすくなることもあります。
現実的にも、パートナーとの性行為を繰り返す中で仮性の状態が改善されてくる人も珍しくありません。
一方で、真性包茎に関しては自力での改善が難しいと考えておいた方が無難です。
真性包茎の解決の秘訣は、必ず病院で相談をするという点です。
友達やパートナーに対して相談ができなくて恥ずかしい人であっても、病院に行けば真摯に対応してもらえます。
クリニックの中には、担当する人が全て男性になっていることもあるので患者に配慮した治療をきちんと受けられるようにしています。

クリニックで相談して解決するのがおすすめな2つの理由

仮性包茎や真性包茎で真剣に悩んでいる人は、クリニックに相談をしてまずは状態を把握してもらうことが解決の秘訣です。
もちろん、自力での解決を希望した人も多いですがそういったことを行わない方が良い理由が2つ存在します。
まず、上手くいく確率が低いという点です。
そもそも、包茎は包皮や陰茎の大きさに問題があることも多く、自分の力だけではどうすることもできない状態であるケースも目立つからです。
無理な治療を自分自身で行うと、さらに精神的に追い詰められて勃起不全に陥ることもあります。
また、自力での治療は陰茎を傷つけやすいという課題が存在するのもポイントです。
例えば、一般市場では包茎を治療するためにグッズなども販売されています。
確かに、こういったグッズを利用すれば状態を改善できる可能性も存在します。
しかし、医学的に確かな方法ではありませんので陰茎を傷つけてしまって、悪い細菌が入り込んでしまうことも珍しくありません。
クリニックでの治療では、このような問題点が生じず確実性の高い治療法を選択可能です。
治療法に関してもその人の体質に応じたいくつかの方法が提案されますので、その中から最善のものを選択できます。

まとめ

包茎は、自分でも努力をすれば改善できる可能性は確かにあります。
しかし、それは仮性包茎の場合であって真性包茎の場合はその確率が非常に低いです。
むしろ、陰茎を逆に傷つけてしまって余計に周囲の人にも相談できなくなってしまいます。
包茎の人は、その事実をコンプレックスに感じている人が多く精神的にも悩んでいることが多い実情です。
こういった問題点を解決するためには、相談がしやすいクリニックが一番です。
クリニックでは、最初から患者が相談しやすい環境を整えています。
仮性でも真性でもどちらでも問題ないので、解決できる最も早い近道だといえます。